無料ブログはココログ

« 「P」について | トップページ | ラクダの紅茶店(超短編) »

2017年2月12日 (日)

Bon voyage (超短編)

 黄色い車で高速を走る。空は湖みたいに青く深く透き通って光っている。ここが晴れてたって仕方ないけど、でも最っ高のバカンス日和だ。

 突然鳴り響くファンファーレにびっくりして窓の方を見ると、右手に見える工業地帯の煙突から大群の渡り鳥が次々に吐き出されていた。それは瞬く間に空の高い場所に広がって、自由に羽ばたいたかと思うと、みるみる隊列を組んでちゃんと渡り鳥になる。初めて見た。当たり前にある世界は誰かがこうやって作ってるんだ。平日は下ばっかり見てるから気づかないだけ。

 遠ざかる書類の山にざまあみろって笑って、シュレッダーの紙屑が町中に雪になって舞えばいい。懐かしい曲をみんなで歌えばもうすぐビルの向こうに海が出てくるから。

 やっぱり新しい水着を買えばよかったなって、飛行機の腹を見上げながらちょっとだけ後悔してる。

 

« 「P」について | トップページ | ラクダの紅茶店(超短編) »

超短編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bon voyage (超短編):

» 春名トモコ/Bon voyage [超短編の折り詰め (仮) (PukiWiki/TrackBack 0.4)]
読む ジャンル カテゴリ この話が含まれたまとめ 評価/感想 初出/概要 執筆年 その他 読む 作品ページ ジャンル 音楽、色彩、リアル、晴、街、笑う カテゴリ 超短編/その他 この話が含まれたまとめ 評価/感想 初出/概要 執筆...... [続きを読む]

« 「P」について | トップページ | ラクダの紅茶店(超短編) »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31